かつおぶし

鰹節(かつおぶし)コラム

鰹節と昆布の出汁で日本の美味しさを堪能

 

出汁は、和食の味付けの基本。素材のうまみを水に溶かして使う基本のスープともいえるでしょう。料理の種類や好みによって使い分けられますが、東日本では、鰹を基本に煮干しだし、西日本では昆布だしがよく使われます。

美味しさの秘密は、昆布に含まれているうま味の成分「グルタミン酸」と、鰹節に含まれるうま味の成分「イノシン酸」。両方が合わさるので、うま味の相乗効果が増すというわけです。

鰹節と昆布を使った出汁の取り方

オカカとコンブでダシを作りました

お出汁の取り方は料理の内容、環境、人によって違いますが、色々と研究して結城先生はこの方法に落ち着いたそうです。目からウロコの出汁の取り方をご覧ください。

美味しさと健康にこだわるのなら、鰹節と昆布の相性の良さに注目!

日本各地に様々な食材や調理法・伝統料理があり、その引き立て役は鰹節と昆布です。うま味の相乗効果、上品でくせがなく応用範囲も広い、最もよく使われる合わせだしの王様。鰹節と昆布の香りと味わいのコラボレーションを楽しみましょう。

結城お料理研究会

主宰 結城文子(横浜市在住)
「愛情を込めて」をモットーに、楽しくオリジナルなものを作りたいので、色々お勉強をさせていただきながら、スタッフの皆さんと楽しく作っています。

結城文子先生のお料理教室「目からウロコ「出汁の取り方」」へ

鰹節コラム一覧のページへ

現在地:トップページ鰹節コラム

鰹節削り器なら愛工業株式会社 通信販売サイト ショッピングカート